ブログ
追いかけ族から見守り族への昇進。
2015.11.03.tue
育児

一般社団法人 体力メンテナンス協会
認定講師の 福田まいこです。

私は二児の母です。

5歳と2歳の子がいるのですが、

最近ようやく2人だけで遊べる様になってきました。

これって普通な事に思えて、
実は親として、とてもとても嬉しいこと

両手をあげて「バンザーイ」ものです

それまでは家でも公園でも、

「ママ行こー」

1人で出来ない遊具もあったり、
おもちゃや工作で遊ぶのもずーっと一緒。

(世にゆう?)追いかけ族。

それはそれでとても幸せなこと。
一緒に何かをするのは楽しいし、子供との大切な想い出です。

けれど、毎回子供について
とてもとても高いところまで登る網の遊具も、
狭いところを通らなきゃいけない、ドラム缶みたいな遊具も、
ずっと中腰でついていくのは、正直キツイ時もありました。

遊具の割に体がデカイから、小学生に迷惑が掛からないように隅っこに避けたり

追い抜かされるときに、「ごめんねー」なんて言ったり( ̄▽ ̄;)

小学生に気を遣うってゆーね。
(彼らの運動神経は本当にすごい!)

それが、遊具の近くで観てられる様になった。

見守り族の仲間入り。
(遊具の周りには、我が子を見守るパパやママが沢山いる。大抵4~6歳ぐらいの子の親かな。)

見守るって、

体は楽ですし、
少し距離をとって観る子供たちも、またいいんですよね。
家だと家事ができる様になりますし。

公園行くたびに感慨深い思いになるなぁ。と、物想いにふけっています。

そしてふと、公園の脇をみると、

なんと!

お喋りしたり、お昼寝しているお母様もいるではないか

そうです。

小学生の子を持つママたちです。

あと数年後には、あぁやって公園でのんびり族になれるんだなぁ~、、

なんて、
小さい夢を抱くのでありました。

淋しい気持ちもするけれどね。

世の中のお父様、お母様。
お疲れ様でございます!!

人気記事 人気記事
追いかけ族から見守り族への昇進。
体力がないと人はちょっと意地悪になる。
追いかけ族から見守り族への昇進。
4月<MycoPark>選りすぐりのインストラクターによるレッスン!!
追いかけ族から見守り族への昇進。
5/10〜産後トータルケアクラス
追いかけ族から見守り族への昇進。
呼吸で自分をメンテナンスする。
追いかけ族から見守り族への昇進。
インストラクターという生き方
最新記事 最新記事
【5月 子連れOK】バランスボールエクササイズ@マイコパーク
【5月 子連れOK】バランスボールエクササイズ@マイコパーク
疲れを引きずらない体で、休日にきちんとリフレッシュする
疲れを引きずらない体で、休日にきちんとリフレッシュする
呼吸で自分をメンテナンスする。
呼吸で自分をメンテナンスする。
全ての人が、笑顔あふれる人生を送っていくために
全ての人が、笑顔あふれる人生を送っていくために
体力がないと人はちょっと意地悪になる。
体力がないと人はちょっと意地悪になる。
月間アーカイブ
--- 選択してください ---
facebook